ニュース

【開催報告】SMSソリューションフェア

<< 一覧に戻る

2018年11月9日
株式会社NTTデータSMS
2018年11月9日、豊洲センタービル36Fにて「SMSソリューションフェア」を開催いたしました。本イベントは、NTTデータSMSが自社における様々なソリューションをお客様に発信した初めて取り組みであり、大盛況で終了することができました。日頃お世話になっているお客様やビジネスパートナーの方々に、当社が保有するソリューションを紹介し、それらの実績をご理解いただく絶好の機会となりました。
◎飯島社長挨拶
株式会社NTTデータSMSは、今年創立23周年を迎えました。
お客様、協力会社様をはじめ、皆様のお力添えのおかげと心より御礼申し上げます。
当社はこれまでにないICT活用の新しい「しくみ」と「価値」を創造し、お客様に信頼される変革パートナーを目指し活動しております。
この度、これらの活動を広く皆様に知って頂くため、SMSソリューションフェアを開催する運びになりました。
当社の提案するソリューションを通じて、お客様ビジネスの更なる発展に貢献し、長期的なビジネスパートナーを目指して参りたいと考えておりますと開催主旨の説明と挨拶がありました。
◎特別講演(池谷裕二:東京大学教授)
人工知能、ロボット、IoT、ビッグデータなど第4次産業革命が進み、私たちの社会は、便利な社会へと革新的に進歩しています。しかし、人工知能などがより進化をとげ、台頭する社会になってしまったら、私たちの仕事や夢、社会構造など人間の未来はどのように変化していくのでしょうか?
最新の人工知能の現状や人工知能が普及した時に起こりえる社会変革、問題、そして私たち人間はどうなっていくのかを脳研究者の立場からご講演いただきました。
1. FaceDuo(フェイスデュオ)
複数人同時顔認証機能により複数人作業、相互けん制を確実に実施できるソリューションFaceDuo®を紹介いたしました。
「重要データを取り扱う際に1名で対応出来ないようにしたい」や、「システム誤操作防止のため複数人による作業を徹底したい」等の課題を解決し、サービスインシデントやセキュリティインシデント等、お客様のビジネスにインパクトを与えるリスクの低減に役立ちます。
また、ICカード+顔認証による二要素検証にも対応しており、「作業品質向上」及び「セキュリティの向上」を支援します。
2. ITOOTH(アイトゥース)
統合運用管理ソフトウェアHinemos®を利用し、高い作業品質と効率化の両立を実現したITOOTH(アイトゥース)を紹介いたしました。
<ITOOTHの主な機能>
機能1.基幹系及び分散系を含めたトータルでの運用自動化を実現
機能2.高い作業品質と強い牽制力を実現するダブルチェック方式
機能3.期次、年次等の経験頻度の少ない運用業務を訓練シミュレータで習熟
3. HIRO(ヒロ)
AIによる自律的なインシデントの判断と解析、復旧を行うソリューション「HIRO(ヒロ)」の紹介をいたしました。
4. SMOOS(スムース)
24時間365日体制でシステム監視・ITオペレーション・グローバルサービスデスクを提供するリモート運用センタ「SMOOSセンタ」の講演をいたしました。

※講演資料をご希望の方は弊社問合せフォームにて「SMOOS講演資料希望」と記載頂ければ対応いたします。
5. WinActor®
弊社はWinActor®の販売代理店として、様々な取り組みを行っております。
本ブースでは、お客様や協力会社様に向けた「WinActor®を中心としたエコシステム概案」や、「SMS WinActor® Labo[仮称]」、「SMS本社WinActor®全端末導入へ向けた取り組み」について紹介いたしました。また、WinActor®を簡易体験できる環境も用意いたしました。
6. QUICK REPLY
メーラーに届いた問い合わせを簡単に検索し、回答へ挿入するサービスAI製品Quick Replyを紹介いたしました。Quick Replyを活用することで、通常の業務フローの中でナレッジの蓄積、活用、学習を支援することが可能となります。
7. SMS-WB
SMSワークベンチは弊社が開発したITSMツールです。ITILに則り様々な情報をWEBベースで容易に操作・管理することができ、APIやメール等で他のツールと連携が可能です。
本ブースでは様々なユースケースの紹介や実演を行いました。
pagetop