企業情報

労働安全衛生に関する取り組み

当社ではNTTデータと共に数多くの大規模システムや重要なインフラシステムの運用を担っております。そんなお客様の大切なシステムの安定稼働を担う社員は財産であり、宝です。大切な社員ひとりひとりが健やかに安心安全に働けるよう、当社は社員安全規則・社員健康規則を定め、事業を運営しています。

労働安全衛生基本方針

       

1.労働安全衛生に関わる法令、当社が定めた規程類および当社が同意するその他要求事項を遵守し、安全管理体制を確立するとともに社員の安全・健康を確保するために必要な措置を講じます。


2.ダイバーシティ&インクルージョンの精神で、社員一人ひとりが安心・安全に働ける会社を目指します。


3.労働安全衛生の取り組みを経営の重要課題の一つとして位置づけ、経営層が中心となって、社員全員で「安全と健康は経営の基盤」という意識をもち働きます。


労働安全衛生行動指針

       

1.会社と社員等でコミュニケーションを積極的に図り、全社一丸となった活動を推進し、労働安全衛生管理水準を高めていきます。

       

2.心身の健康増進を図るための衛生管理体制の充実を目指します。

       

   ・法定健康診断の100%実施
   ・健診結果後の有所見社員への健康指導100%実施
   ・過重労働者面談の100%実施
   ・ストレスチェックの実施率100%
   ・ストレスチェック後の集団分析による高リスク職場への保健指導100%実施

       

3.「交通事故・労働災害ゼロ」を目指し、社員等一人ひとりが「安全に対する意識と危険に対する感度」を高め、安心して活き活きと働ける安全な職場づくりを目指します。


取り組みによる成果

       

フィジカル・メンタル共に定めた項目の実施率100%を目指し取り組んでいます。
特にメンタル面ではメンタル不調者の長期離脱を防ぐためには、メンタル不調者の早期発見、適切な対応が必要と考えています。
ストレスチェック、ストレスチェック後の集団分析による高リスク職場への保健指導どちらも100%実施し、高リスクの職場へのケアに取り組むことにより、ストレスチェック開始後から現在で発生したメンタル不調による新規離脱者の1年以上を超える離脱は0人となっています。

フィジカル面ではまだまだ課題も多い当社ですが健康診断を100%受診し、その結果を保健スタッフにスクリーニングしてもらい、所見のある社員は保健師面談で健康指導を100%実施しています。

    
pagetop