NTT DATA Global IT Innovator

株式会社NTTデータSMS

システム運用における『予防的統制』を可能とする

不正操作防止ソリューション「FaceDuo®」を販売開始

2016年10月4日
株式会社NTTデータSMS



株式会社NTTデータSMS(本社:東京都江東区、代表取締役社長:渡辺守孝、以下:NTTデータSMS)は、システム運用の現場において、作業者同士が相互牽制を確実に行うための不正操作防止ソリューション「FaceDuo(フェイス・デュオ)®」の販売を平成28104日より開始します。

 近年、個人情報の漏えいなど、さまざまなセキュリティー事故が発生し、企業の情報セキュリティーへの取り組みは社会的な責任として重要度を増しています。特に、金融系システムにおいては、セキュリティー事故防止のためのより強固な対策として、顧客データなどの重要情報にアクセスする場合に、作業者同士の相互牽制を目的として複数人で作業を行うことが義務付けられているケースが多く見られます。
 そこで、NTTデータSMSは、多数の金融系システムの運用で培ったノウハウを活かし、顔認証による本人確認および複数人での作業実施を確実に行うために「FaceDuo」を開発し、NTTデータの次世代バンキングアプリケーション「BeSTA®(ベスタ)」を用いた共同利用型バンキングシステムである「地銀共同センター」、「STELLA CUBE®」、「BeSTAcloud®」に提供してきました。そして、このたび、この実績を踏まえて、NTTデータグループ以外のお客さまへの販売を開始することとしました。
 今後は、本ソリューションを銀行やクレジットカード会社などの金融機関への販売を行うとともに、マイナンバー制度の導入による個人情報保護対策の強化を踏まえた公共系システムへの展開や、複数のお客さまシステムを扱うデータセンターへの展開を行っていきます。


【背景】

 近年、個人情報の漏えいを始めとする、さまざまなセキュリティー事故が発生し、企業の情報セキュリティーへの取り組みは社会的な責任として重要度を増してき ています。これまではセキュリティー事故が発生するたびに、その都度再発防止の取り組みがなされてきましたが、セキュリティー事故はなくならず、より一層 のセキュリティー強化が求められています。
 特に、金融系(銀行、クレジットカード会社など)システムにおいては、より強固なセキュリティー事故防止対策として、顧客データなどの重要情報にアクセスする作 業では、相互牽制のために二人以上の複数人で実施することが義務付けられているケースが多く見られます。しかしながら、これまではこの実効性を担保するこ とが難しく、相互牽制のスキを突いた情報流出の可能性を排除しきれませんでした。
 NTTデータSMSでは、多数の金融系システムの運用を行ってきた中で、これら運用現場におけるセキュリティー対策の課題を解決するべく、顔認証による本人確認 および複数人での作業実施を確実にするソリューションを開発し、NTTデータの次世代バンキングアプリケーション「BeSTA」を用いた共同利用型バンキングシステムである「地銀共同センター」、「STELLA CUBE」、「BeSTAcloud」に提供しています。この実績を踏まえ、このたび、NTTデータグループ以外のお客様への販売を開始することとしました。


【「FaceDuo」の概要と特長】

<概要>
 システムへのログオンからログオフまで顔認証機能でセキュリティーを確保し、不正な操作を防止するソリューションです。利用申請に基づき登録された利用者とスケジュール情報に則り、複数人同時顔認証が可能で、重要なデータを扱う端末等での複数人作業を確実に行うことが可能となります。
 「FaceDuo
」は、世界最高レベルの精度を誇る日本電気株式会社(NEC)の顔認証PCセキュリティソフトウェア「NeoFace Monitor」をベースに、NTTデータSMSが独自に機能強化したソリューションで、機能強化部分についてはNTTデータSMSにて特許を取得済みです。(特許第5991496号)。

運用イメージ

<特長>
1.不正の『予防的統制』が可能
 使用端末へのログオンからログオフまで、相互牽制を目的として、利用申請に基づき登録された
 利用者とスケジュール情報に則り、複数人の顔認証を同時に行うことでセキュリティーを
 確保し、不正操作を防止します。利用者の顔と名前を画面にリアルタイムで表示することで、
 「不正の抑止」に力を発揮します。


操作画面イメージ

2.顔と名前を監査証跡に利用することが可能
 操作履歴を画面キャプチャーで記録できる製品との組み合わせにより、端末利用者の顔と
 名前が操作記録と関連づけて保存されることで、統制レベルのさらなる向上を図ることが
 可能となります。


3.顔認証により、パスワード管理が不要
 使用端末へのログオンからWEBカメラで映し出されている利用者の顔で認証するため、
 パスワードは不要です。煩雑なパスワード管理から解放されるとともに、パスワード
 盗用による不正使用のリスクも低減できます。


4.他のログオン手段との組み合わせが可能
 本ソリューションを利用するお客さまのセキュリティー対策(ルール)を踏まえた導入が
 可能です。これまでにも、USBキーの認証やICカード認証との組み合わせ等も実績があります。



不正操作防止ソリューション「FaceDuo」の詳細説明につきましては、以下のバナーをクリックしますとご覧いただけます。

不正操作防止ソリューションとは?

【今後について】

 今後は、銀行やクレジットカード会社などの金融機関への販売を行うとともに、マイナンバー制度の導入による個人情報保護対策の強化を踏まえた公共系システムへの展開や、複数のお客さまシステムを扱うデータセンターへの展開を行っていきます。

・注)「BeSTABanking application engine for STandard Architecture)」は、ベンダ―を特定しないNTTデータの標準バンキングアプリケーションです。

*「FaceDuo」は株式会社NTTデータSMSの商標です。

*「BeSTA」、「STELLA CUBE」、「BeSTAcloud」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。

*その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。


【本件に関するお問い合わせ先】

操作画面イメージ